田舎の中古車販売店を利用する際の注意点

都会よりも在庫の車種が少ない店舗が多いので電話で聞いてみよう

田舎の中古車販売店を利用する場合には、都会よりも在庫の車種が少ない店舗が多いため、来店前に電話で興味がある車種があるかどうか尋ねてみるのがおすすめです。特に、個人経営の田舎の中古車販売店の中には、オーナーの趣味や方針によって、中古車のメーカーや車種が偏っていたり、不定期に販売価格が変更になったりすることもあるため注意が必要です。また、人口が少ない地域にある中古車販売店は、定休日が多いところや営業時間が短いところもあり、来店のタイミングを上手く調整することが大事です。なお、中古車の試乗を希望するときは、事前連絡をしなければならない店舗も少なくないため、一通りの車種の試乗をしてから購入を決めたい人は余裕をもって店舗探しを始めましょう。

実際に店頭を訪れて車の状態をチェックしよう

田舎の中古車販売店の中には、ホームページを開設していないところも多く、店頭で販売されている車種や価格について分かりづらいことがあります。また、全国対応していない中古車販売店においては、電話やメールで問い合わせをしてもすぐに回答してもらえないこともあるため、すぐに中古車を買いたい人は実際に店頭まで足を運んで車の状態をチェックするのがおすすめです。地域に密着した中古車販売店では、店頭で購入計画を結んだ顧客を対象に値引きの交渉を受け付けたり、無料でアフターサービスに対応をしたりしているところもあります。そのため、余裕をもって身近な地域で高く評価されている中古車販売店について調べてみることが重要です。